【blender2.8】デッサンに役立つかも?ライティングのやり方メモ(球体に陰影をつけるテスト)

晴天の陰影

球体に影を付ける方法(カメラの設定とライティング)

球体を作る

ブレンダーで立方体を消す方法

ブレンダーで立方体を消す方法

ブレンダーで球体を追加する方法

ブレンダーで球体を追加する方法

立方体の削除は左クリックをしてから削除を選んでください。球体の追加はSHIFT+Aを押して、メッシュからUV球を選択してください。

球体の出し方blender

球体の出し方blender

これで球体が表示されます。

スムースシェード

スムーズシェード

なめからにするために左クリックからスムーズシェードを選択します。

球体を滑らかに

球体を滑らかに

これで球体がなめらかになりました。

カメラの設定

ワークスペースの切り替えタブは最初の設定通り、LayoutのままでOKです。

blenderのカメラ設定

blender カメラ設定

次にカメラをクリックしてレンズの設定を行います。

blender レンズの設定

blender レンズの設定

焦点距離を初期設定の50mmから35mmに変更します。この数値が大きければ大きいほど望遠になり、小さければ小さいほど広角になります。

blender カメラアングル

blender カメラアングル

次にカメラアングルの設定を行います。今回はカメラ視点に切り替えます。ショートカットキーはテンキーのです。0を押すと[ビュー]から[視点]、[カメラ]を押したときと同じ効果になります。

ライティングの設定

bkender ライトのエリア

bkender ライトのエリア

SHIFT+Aでライトを追加します。今回はライトの[エリア]を使います。

bkender ライトのエリア追加

bkender ライトのエリア

これで追加できました。

blender シェーディング

blender シェーディング

次にシェーディングを[レンダー]に切り替えます。画面右上のレンダーのマークを押せばOKです。

blender レンダー表示

blender レンダー表示

これで切り替えられました。

bldenr move

bldenr move

blender move

blender move

次にライトの位置を買えます。操作しやすいようにmoveに切り替えます。

こんな感じでライトを動かします。

blender ライティング

blender ライティング

最終的には左上に設定しました。

調整

blender立方体の追加

blender立方体の追加

blender立方体の追加

blender立方体の追加

次に影を落とすための立方体を用意します。球体と同じように立方体をSHIFT+Aで追加します。

ライトと同じように丁度いい位置まで移動させます。

blender 球体の影

blender 球体の影

もっと拡大させて変形したい場合はSを押しながらYを押したり、Sを押しながらXを押しましょう。

陰影のチェックにblenderを使う

イラスト作成のときに陰影の付け方がわからない、つまりライティングとシェーディングに困ったときに覚えておくと便利です。

球体ではなくてサンプルで配布されている人間を使ったりして複雑な陰影の付け方を観察することができます。

カメラアングルを変えれば他の視点でも陰影を捉えることができます。デッサンの練習にもいいかもしれませんね。

ライトを回転させる

初期設定のライトは斜めではなく垂直なので、Rを押して回転させることでもできます。

ライト回転

ライト回転

 

ライトの追加

blender2個めのライト

blender2個めのライト

もっと明るめにしたい場合はもうひとつ光源を設定します。今回は新しくエリアを追加してSキーを押しながら拡大してみました。

blenderライトの強さ設定

blenderライトの強さ設定

右側のライト設定で、すこし光を弱くします。

ライト追加後

ライト追加後

ライト追加後です。

ライト追加前

ライト追加前

ライト追加前です。

どのようにライト追加するかは状況次第なので正解はないと思います。部屋の明かりの位置や数によって変わってきます。野外ならライトはサンのほうがいいかもしれませんね。

その他設定

本影、いわゆるオクルージョンシャドウの設定はレンダー設定から変更できます。

 

ソフトシャドウ

ソフトシャドウ

レンダー設定から影を柔らかくするためには、[影]の[ソフトシャドウ]をクリックします。

ソフトシャドウ前

ソフトシャドウ前

ソフトシャドウ後

ソフトシャドウ後

 

質感を変えるためにはシェーダーエディターをいじります。今回はノードにあまり触れずに勉強して次回の記事にしたいと思います。

ちなみに上のような質感にするためには上のようなノードです。ノードを追加する際は、ノードを使用にチェックを入れましょう。シェーダー加算を追加する際はSHIFT+Aで選んでください。

スクリーンスペース反射

スクリーンスペース反射

反射光をつよく設定する場合は、レンダーのスクリーンスペース反射にチェックを入れてください。

スクリーンスペース反射による反射光の表現

スクリーンスペース反射による反射光の表現

レンダリング

この項目もまだ勉強が足りていません。ヘッダーの「画像をレンダリング」を選択してレンダー表示させるとこうなります。

追記:レンダーエンジンがeeveeのままだと陰影がうまく反映されないので、cyclesに変更する

HDRIはeeveeだと光源が陰影付に反映されないみたいです。つまりこの記事でしたように、自分で光源をある程度設定する必要がでてきます。

cyclesにすればすこし重く、遅いですがHDRI光源の陰影を反映してくれます。

 

HDRI設定に関してはこちらからどうぞ。

【blender2.82】ガラスや金属、マットなどに質感を変える、HDRI設定をするメモ

晴天の陰影

晴天の陰影

曇天の陰影

曇天の陰影

 

cyclesに変更すると無事にHDRIの設定が反映されていることがわかります。自分でライトを設定する必要がないので楽ですね。

レンダーエンジンを変える方法はレンダープロパティから変更しましょう。

 

いいね!
↑1いいね!されています。良い記事でしたら「いいね!」クリックお願いします( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )。いいねされるとやる気が出ます (ノ*゚▽゚)ノ !
読み込み中...

toki

投稿者プロフィール

アーティストに役立つような情報をまとめ、人間関係の手段として芸術が寄与すればいいなと思っています。学んだもの、考えたものは自分だけが独占するのではなく、共有するべきものだと思っています。
連絡は@mmnntmrのTwitterのDMでお願いします。基本的にこのアカウントしか見ていません。
絵に関して調べてほしいことがあればできるだけ対応しますのでぜひ連絡をくださいm(_ _)m

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


よかったらTwitterフォローお願いします!


記事を更新するたびにTwitterにのせていきます(*^^*)

動画はじめましたのでぜひ登録してくださいm(_ _)m

  1. 2019-8-3

    絵具における明度と彩度の関係

  2. 2019-8-8

    寒色系と暖色系を通して影の色を学ぶ

  3. 2020-3-22

    デジタルイラストにおける厚塗り(グリザイユ画法)とはなにか、基礎知識、意味、やり方

  4. 2016-8-15

    絵を描くために必要な色についての基本的な知識まとめ

  5. 2020-6-24

    【クリスタ】視円錐(パース)を使って立方体を描く方法【CLIP STUDIO PAINT】

  6. 2020-7-10

    【顔の描き方】第一回:三面図の正面図をつくる方法を考える

  7. 2016-6-10

    【クリスタ】【背景画】積乱雲の描き方について考察【CLIP STUDIO PAINT】

  8. 2020-4-6

    【pixiv】グロー効果のやり方講座、メイキングまとめ【ピクシブ】

  9. 2020-2-20

    【クリスタ】線画に超便利!3次ベジェ曲線のやり方・描き方・使い方【CLIP STUDIO PAINT】

  10. 2020-3-5

    【クリスタ】塗りつぶしのときに発生する汚れ、塗り残しの対策方法を考える【フリンジ】

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る