【絵の練習法】楕円の分析を通して、円筒をデッサンする方法


楕円とはそもそもなにか。楕円の性質を利用して円筒を描く。

楕円:二つの定点からの距離の和が一定な点の軌跡。二定点を楕円の焦点という(goo辞書)。

この説明だけではわからないと思うので、すこし描いてみました。

円筒の描き方

 

楕円を縦線と横線で4つにわけるとします。横の線をaとa’にわけるとすれば、このaとa’は同じ幅です。縦の線をbとb’にわけるとすれば、このbとb’は同じ幅です。ただし、aとbが同じ幅であるとは限りません。

aを1cm、bを2cmとして楕円を描いてみることにします。

円筒の描き方2-a

先程より正確に円筒がかけていることがわかります。a=a’=a”=1cmです。

次に、a=1,b=2のこの円筒を、立てて描いてみます。

円筒の描き方4

楕円には「長軸線」と「短軸線」がある

楕円の作り方

 楕円の分析

 

 先ほどの楕円と同じように、横を2cm+2cm、縦を1cm+1cmとしています。楕円は4分割をした場合、等しくなります。左右対称であり、正確に四等分をすることができるのです。楕円を「直角」に分割する線を「短軸線」、「長軸線」といいます。

※長軸線と単軸線がほぼおなじ長さなら「円」に近くなり、直軸線が長ければ、細長い楕円になります。

楕円と遠近法(パース)について

CLIP STUDIO PAINTの一点透視法ツールを使って説明します。

クリスタ 楕円 パース1

 ためしに四角形を1つ作ってみます。

クリスタ 楕円 パース2

 この四角形の上に「円」を作ります。

クリスタ 楕円 パース3

 こうした円はどの場所にも設置することができます。

クリスタ 楕円 パース5

 

もちろん短軸線と長軸線の長さを変えてもつくることができます。

クリスタ 楕円 パース6

アナログでもパースを使って楕円を描くことができますが、面倒くさいです。

クリスタ 楕円 パース7

 

円筒の陰影の付け方

円柱の影の描き方1

1:形をとってあたりをつけます。先ほど確認したように、四角形から円を正確に描いていき、それを線でつなげます。次に、一番暗い影を描きます。光源が左上なので、右下に暗い影が来るようになります。一番右側は反射光の効果で、やや白くなります。

 

円柱の影の描き方2

3:一番暗い影の左側に、二番目に暗い影を描きます。

 

円柱の影の描き方3

4:3番めに暗い影を、二番目に暗い影のとなりと、一番左側に描いていきます。

円柱の影の描き方4

5:一番左側を、二番目の暗さと同じくらいに塗り、一番上を薄く塗ったら完成です。

 おまけ:適当にデジタルでも塗ってみました。

円柱の描き方5 円柱の描き方6

 

 

台形の中心点と正楕円の中心点は一致しない

台形とは:四角形の一部で、少なくとも一組の対辺が互いに平行であるような図形。
正楕円とは:短軸線と長軸線が等しいような円。正四角形(これも二組が互いに平行な図形であり、台形)に綺麗に円を描くと、正楕円ができる。

正楕円と台形1 正楕円と台形2

 

正楕円と台形3 正楕円と台形4

 この正楕円の中心の位置に引いてある青い線は、台形の中心点です。

正楕円と台形5

 四角形を2等分したのが「青い線」で、4等分したのが「黒い線」です。そして、8等分の位置にくるのが「緑の線」です。台形の中心点は「青い線」にくるのですが、楕円の中心点は「緑の線」にくるので、ズレるということです。いまは8等分線の位置にひきましたが、厳密に計算するとそれよりも少し手前にくるみたいです。

正楕円と台形

 では緑の線を元にして、円柱を描いてみます。

正楕円と台形6 正楕円と台形7 正楕円と台形8

 

 奥の線は実際には見えないので、消しておきます。

正楕円と台形9

 これで綺麗な円柱が完成しました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR

超おすすめゲーム↓

刀剣乱舞はかなり面白いのでぜひやってみてください。


刀剣乱舞の始め方はこちら 

Twitter でフォロー

作業時間

ページ上部へ戻る